業務内容 屋上緑化 法人のお客様へ

屋上緑化 それは新しい省エネの形

都市のヒートアイランド対策の一環として、注目を集める屋上緑化。しかし安易に導入を行うと、植物が枯損するだけでなく、漏水など建物側のトラブルにも繋がります。
高レベルの施工はもちろん、使う方のニーズに合わせたプランを当社がご提案いたします。

屋上緑化を成功に導くポイント

(1)使用目的

園芸療法・菜園・イベントなどへの活用可能な屋上緑化を求めるのか、条例対策・省エネ対策のみの屋上緑化を求めるのかにより工法や費用が大きく変わります。
長期的な活用計画を立てることが重要なポイントとなります。

(2)荷重対策

既存の建物の場合、積載できる荷重には制限があります。
積載荷重条件を無視して、大きな荷重のかかる緑化を行うことはできません。
自然の土壌は1m3当り1600kg程度の重さになりますので、屋上に10cm敷き込むだけで1㎡当り160kgの荷重が掛かることになります。
現在では、土壌の軽量化技術も進歩し、自然土壌の約半分と軽量の人工土壌(ビバソイル)の開発や、既存施設でも対応可能な、超軽量緑化システムが開発されていますので、建物用途・空間デザインによって最適なシステムを検討する必要があります。

(3)防水対策

屋上緑化で一番重要なのが屋上の防水です。
屋上緑化をする場合は、防水の種類によって、保護の方法が異なり、たとえ新築や防水改修を終えたばかりの建物であっても、そのままでは屋上緑化ができない場合もあります。
また植物の根に対する対策も重要です。芝や低木の根は想像以上に強い力で建物内部へ根を張ろうとするため、防根シートなどを適切に使用する必要があります。

(4)排水対策

排水がうまくいかないと、雨水が溢れて居室側に浸入したり、極端な例では屋上の立ち上がり部分を超えて土壌や雨水が流れ出してしまうこともあります。
屋上緑化を行う際には十分な排水計画を立てる必要があります。

(5)風対策

屋上では、階層が高くなるほど風が強くなります。
また周辺の状況によりビル風が発生するため、十分な風対策が重要となります。

(6)管理維持対策

屋上緑化の維持には水やりが重要となります。ただ、定期的な水やりは大変だと思われます。
また風の強い屋上では、周囲に飛散しやすいスプリンクラーの使用は生育にムラが発生する心配があります。
確実に土壌に染み込ませるものとして、現在では点滴式の灌水ホースを利用するケースが増えています。
電気式のタイマーを取り付ければ、灌水回数や灌水時間を簡単に設定でき、管理の手間を減少させることが可能です。剪定・除草・排水溝の掃除などは専門業者へ依頼することをお勧めします。

メリットについて

省エネ効果

夏期には室温の上昇を抑える働きが、冬期には外に温度が逃げるのを防ぐ保温効果があり、結果的に冷暖房の軽減など省エネ効果が期待できます。

雨水の一時貯水場

近年の温暖化で、夏はゲリラ豪雨などで雨水が下水から溢れたり、雨水の流れ込んだ川が氾濫したりという問題が起こっています。特に都市部ではその危険が年々高くなってきています。
屋上を緑化すると、雨水が一時緑化層に溜まり、下水に流れ込むまでに時間的な差ができ、地域の水環境を守ることにつながるのです。

建物の劣化防止

直射日光を遮るために、紫外線による劣化を防止する効果があります。

大気浄化効果

植物は光合成のために二酸化炭素を吸収しますが、それらの効果で大気の浄化作用があります。

宣伝効果

屋上緑化を行うことにより、環境保全に貢献している企業であることをアピールし企業イメージを高めることができます。

助成金について

市町村によって屋上緑化に助成金が出る場合があります。神奈川県内で助成金を出している地域は横浜市・川崎市・逗子市・相模原市・厚木市・藤沢市です。(24年1月現在)
詳しくは当社までお問い合わせ下さい。